「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズにおける“戦争”の描かれ方の変遷 藤津亮太のアニメの門V 第38回

この原稿は言及する各作品の重要な部分に触れています。

ゲゲゲの鬼太郎』第20話「妖花の記憶」が8月12日に放送された。
メインキャラクターのひとり、犬山まなの大伯母・沢田淑子がゲストキャラクターとして登場し、彼女の悲恋を手がかりに、まなが戦争というものを体感していく内容だった。
このエピソードは、1968年に発表された原作の「妖花」をアニメ化したものだ。

『ゲゲゲの鬼太郎』はもともと紙芝居にルーツをもつ作品だ。貸本漫画を経て、1967年から「少年マガジン」で『墓場の鬼太郎』として本格的に連載が始まった。
そして、アニメ化にあたり『ゲゲゲの鬼太郎』という現在のタイトルに改称。1968年からアニメは第1期がスタートした。その後、繰り返しアニメ化され、現在放送中のシリーズは第6期になる。
「妖花」はこの6回のアニメ化のうち、第2期を除く5シリーズで毎回映像化されている。

「妖花」はわずか15ページほどの短編だ。
両親のいない孤独な女性・花田花子の安アパートに、今年もまた不思議な花が咲き乱れる。どうやらこの花は南方に咲く花らしい。その謎を知るために、花子は妖怪ポストを使って鬼太郎に手紙を出す。
花子の依頼を受けた鬼太郎は、花子をともなって花のルーツを探して南の島々へと蛤(ハマグリ)船で出発する。

妖気を手がかりにある島に上陸すると、そこには太平洋戦争の跡が残っていた。やがて妖花の種を撒き散らしている大木が見つかる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年9月7日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「らんま1/2」のニュース

次に読みたい関連記事「らんま1/2」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュース

次に読みたい関連記事「デュラララ!!」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。