「爆釣バーハンター」に草尾毅、阪口大助ら参戦!追加キャスト4名発表

「爆釣バーハンター」に草尾毅、阪口大助ら参戦!追加キャスト4名発表
立津手トウマ役 草尾毅(C)鈴木サバ缶/小学館・爆釣団 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
       
10月2日より放送開始のアニメ爆釣バーハンター』に、追加キャストとして草尾毅阪口大助、松山鷹志、浦和めぐみが出演することが発表された。

本作は、東映アニメーション、バンダイ、小学館の3社がタッグを組んだ共同プロジェクト。「身の回りにあるバーコードの奥に、未知の生命体“バーソウル”が住む“バーコード海”が広がっている」という設定をもとに、フィッシングホビー「爆釣バーロッド」を使用してAR(拡張現実)で“バーソウル”を釣ってコレクションを楽しむ作品。アニメの他にも、「爆釣バーロッド」の発売、小学館「月刊コロコロコミック」でのマンガ連載などのメディアミックス展開が行われる。

主人公・立津手(たちつて)トッタの今は亡き父親・立津手トウマを演じるのは草尾毅。トッタに釣りの楽しさを教えてくれた名人で、バーハンターとしても大物を釣り続けていた。

トッタの父方の叔父・立津手トンペイを演じるのは阪口大助。盛魚町に住んでいる発明家で、爆釣のことに詳しい。色々なカツラをつけているが、毎回トッタにカツラを釣り上げられてしまう。説明が長すぎて、いつもトッタが最後まで話を聞いてくれない役どころだ。

続いてコードバンク社社長・鮫島ホオジロウ役には松山鷹志。トッタのライバルであるキバの父親だが、自分の計画を遂行するためには息子に対しても厳しい姿勢で接している。

くじらが島の島田商店のおばちゃん、通称島田のおばちゃん役には浦和めぐみ。盛魚町に親戚やそっくりさんがいる。トッタの相棒・ポテペンがしばしばバーコードの匂いと間違えておばちゃんのおならを嗅ぎつけてしまう、個性あふれるキャラクター。

TVアニメ『爆釣バーハンター』は、2018年秋よりテレビ東京系にて放送がスタート。

<メインスタッフ>
シリーズディレクター:セトウケンジ
シリーズ構成:加藤陽一
キャラクターデザイン:横田明美
音楽:若林タカツグ

<メインキャスト>
立津手トッタ:広橋涼
ポテペン:内山夕実
鮫島キバ:斎賀みつき
シュワ次郎:根本幸多

製作:爆釣団
アニメーション製作:東映アニメーション

(C)鈴木サバ缶/小学館・爆釣団 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「爆釣バーハンター + 映画」のおすすめ記事

「爆釣バーハンター + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年9月24日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. 爆釣バーハンター 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。