「エウレカ ハイエボ」“新しいアネモネ”に大興奮! 小清水亜美ら登壇の完成披露試写会レポ

「エウレカ ハイエボ」“新しいアネモネ”に大興奮! 小清水亜美ら登壇の完成披露試写会レポ
『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』完成披露試写会(C)2018 BONES/Project EUREKA MOVIE
11月6日、『ANEMONE/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』が10日の公開に先駆けて、東京・新宿バルト9にて完成披露試写会を実施した。会場には主人公・アネモネ役の小清水亜美、エウレカ役の名塚佳織、レントン役の三瓶由布子ら“交響詩篇メンバー”が集合。ファン待望の世界初お披露目の機会となった。

アネモネが主人公の最新作について、小清水は「私たちの知っている(TVシリーズの)キャラクターの知らない新しい一面が沢山見える、『懐かしさと新鮮さ』を持った作品でした。アネモネにもTVシリーズにはなかった苗字とミドルネームが付きました!」と驚きを隠せなかった様子。

名塚は「新たな展開でしたね。エウレカとアネモネの会話が多くて、2人の素敵な友情を描いているなと感じました。そして、レントンはいつ出てくるんだろうと思っていましたが、良いシーンに出てますよね!」とTVシリーズと大きく異なる背景について語り、三瓶は「TVシリーズの時からアネモネは人気で、ドミニクとアネモネの関係が好きって言うファンの方々も多かったので、いよいよ形になったなと思いました!そしてドミニクがまさかあんな風に登場するなんて」と、人気キャラクターの新たな一面に注目する。

今回のアネモネの設定には、小清水が「父親がいるという設定で、アネモネとしてドキドキしました。アネモネとして『お父さん』というワードを言うなんて…!アフレコの際にお父さんの名前を何度も間違えて父慣れしてなかったです(笑)。またTVアネモネはシリーズでは涙を流すこともなく、怖い顔をしていることが多かったのですが、本作では人類を救おうと柔らかい顔をしていて、新しかったですね」とコメント。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。