「PEACE MAKER 鐡」 小林由美子、梶裕貴ら感慨語る 「大好きなシーンをもう一度演じられて…」

「PEACE MAKER 鐡」 小林由美子、梶裕貴ら感慨語る 「大好きなシーンをもう一度演じられて…」
『PEACE MAKER 鐵』後篇~友命~ 公開記念舞台挨拶 梶裕貴 小林由美子 立花慎之介(C)黒乃奈々絵/マッグガーデン・PEACE MAKER 鐵 製作委員会
11月25日新宿バルト9にて、劇場アニメ『PEACE MAKER 鐵』後篇~友命~の公開記念舞台挨拶が開催された。当日は、市村鉄之助(青年期)役の梶裕貴、市村鉄之助(少年期)役の小林由美子、大和屋鈴役の立花慎之介が登壇し、トークショーを行った。

本編の上映が終了すると会場より大きな拍手が贈られ、その後ゲストが登場。トークショーがスタートした。
後篇の公開について、梶は「『PEACE MAKER 鐵』に関わることができ、とても嬉しい気持ちです。今後の彼らの進むべき道を考えると、一筋縄ではいかない運命に心が苦しくなります」と作品への思いを語った。

本作でのキャラクターの見どころを尋ねると、15年前に放送されたTVシリーズより少年期の鉄之助を演じている小林は「TVシリーズの時も印象深かった烝との屋根の上での回想シーンを今回、再び演じさせて頂きました。始めは、過去のシーンそのままの雰囲気で演じようかと思っていたのですが、烝が最後に思い出してくれるシーンなので、彼に近い距離感を意識して演じました。大好きなシーンをもう一度、違う角度で演じられたことがとても嬉しかったです」と感慨深げにコメントした。

立花は「今回は、今の鈴と、鈴が鉄之助や沙夜と友達だった頃を思い出す一瞬の狭間のシーンを演じることができました。そのシーンは演じる際に意識したところです」と見どころを語った上で、「鈴は、過去の出来事でのすれ違いから、鉄之助を苦しめるために生きていますが、新選組も自分の仲間を守るため、正義のためにお互いの命を奪う存在なのだなと、今回の後篇を見てより強く感じました」と作品全体の印象を語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年11月26日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「早見沙織」のニュース

次に読みたい関連記事「早見沙織」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「鈴木達央」のニュース

次に読みたい関連記事「鈴木達央」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「諏訪部順一」のニュース

次に読みたい関連記事「諏訪部順一」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。