東宝×オレンジが強力タッグ! 丸井グループ、新作ショートアニメ制作へ 19年3月公開

東宝×オレンジが強力タッグ! 丸井グループ、新作ショートアニメ制作へ 19年3月公開
丸井グループ 新作ショートアニメーション イメージ Copyright All Rights Reserved. MARUI GROUP CO., LTD.
丸井グループが、“インクルージョン”をテーマにした新作ショートアニメを制作することがわかった。『君の名は。』などを手掛けた東宝と、『宝石の国』などのCGアニメーションを得意とするオレンジの強力タッグによる作品で、2019年3月にWEBにて公開される。

2016年にアニメ事業部を発足した丸井グループは、年間300企画を超えるマルイ店舗でのアニメ・ゲームイベントの開催や、日本最大のアニメ・コミックの祭典「コミックマーケット」への出展などを実施中。オリジナルアニメーション作品の制作など、コンテンツビジネスを積極的に展開して事業領域の拡大を進めている。

このたび制作される新作アニメーションは“インクルージョン”がテーマ。お互いを認め合い、価値観の違いを理解することで世界が拡がっていくイメージや心の動きを、ダンスや音楽で表現する作品になるという。
スタッフは『未来のミライ』助監督の石井俊匡監督のもと、同じく『未来のミライ』の秦綾子がキャラクターデザイン、『Moom』の長砂賀洋がコンセプトアート、『リズと青い鳥』の牛尾憲輔が音楽を担当。『宝石の国』の武井克弘と和氣澄賢がプロデューサーとして参加し、オレンジが制作することになった。東宝とオレンジの強力タッグが実現する。

なお、本作は2019年3月のWEB公開に先駆けて、12月29日~12月31日開催の「コミックマーケット95」にも出展予定。ブースではイメージボードの一部が展示されるほか、来場者にオリジナルクリアファイルがプレゼントされる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年12月19日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「うどんの国の金色毛鞠」のニュース

次に読みたい関連記事「うどんの国の金色毛鞠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桜庭薫」のニュース

次に読みたい関連記事「桜庭薫」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「工藤優作」のニュース

次に読みたい関連記事「工藤優作」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。