2018年最も愛されたアニメは? 東京アニメアワードフェスティバルが「みんなが選ぶベスト100」発表!

2018年最も愛されたアニメは?  東京アニメアワードフェスティバルが「みんなが選ぶベスト100」発表!
2018年最も愛されたアニメは? 東京アニメアワードフェスティバルが「みんなが選ぶベスト100」発表!
東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)が、2018年度最もアニメファンに愛された作品ランキング「アニメ オブ ザ イヤー部門 みんなが選ぶベスト100」を発表。総投票数397,145票という過去最高の票数を得た今年は、テレビ部門を『BANANA FISH』、劇場映画部門を『名探偵コナン ゼロの執行人』が制した。

TAAF2019「アニメ オブ ザ イヤー部門」は、株式会社ドワンゴのアニメポータルサイト「Nアニメ」が特別協力する企画。今回発表となった「みんなが選ぶベスト100」は、2017年10月15日~2018年10月13日に国内で上映・放映された全524作品の中から、ファン投票によって選ばれた100作品が並んでいる。

テレビ部門1位の『BANANA FISH』は、吉田秋生による累計1,200万部超えの同名コミックが原作。2018年7月からフジテレビ「ノイタミナ」で2クールに渡って放送された。2位に続いたのは、いしづかあつこ、花田十輝ら実力派スタッフが、南極を目指す女子高生たちの青春を描いたオリジナルアニメ『宇宙よりも遠い場所』。

3位には、体内細胞擬人化アニメとして、放送終了後も数々のタイアップが展開する『はたらく細胞』。4位は「まんがタイムきららフォワード」で連載中の同名コミックを原作に、女子高生たちのゆるいアウトドア活動を映した『ゆるキャン△』。5位には、アイドル×ゾンビ×佐賀という異色の設定で話題を呼んだオリジナルアニメ『

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年12月26日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。