2019年冬アニメの注目作は? PVイッキ見イベント「つづきみ」で新作を総ざらい!

続いては、伝説のライトノベル『ブギーポップは笑わない』。リチャードにとって、本作は初めて読んだ日本語ライトノベルだそうで、思い入れもひとしおのよう。
後日談を描いた『ブギーポップは笑わない Boogiepop Phantom』はアメリカでも人気が高いそうで、今回のアニメ化で初めて本編にふれるアメリカ人も多いだろうとのことだ。

続いて、『デート・ア・ライブIII』『聖闘士星矢 セインティア翔』『モブサイコ100 II』と人気シリーズや原作ものが続く。リチャードは、『モブサイコ100』はアメリカでは同じ原作者の『ワンパンマン』より人気が高いそうで、海外でも期待の作品であることを強調した。

続いては、結が「いつかアニメ化するだろうと思っていた」と語るスマホゲーム原作の『グリムノーツ The Animation』。続く『ファイトリーグ』は、逆にアニメ化は予想外だったようで、ゲームの世界観をどうアニメにするのか楽しみだと言う。

『五頭分の花嫁』は、花澤香菜ら人気キャストが5つ子の女子高生を演じる。さらに1期も好評だった『賭ケグルイxx』も新キャラクター10名に人気声優が集結した。

時代の節目となるか『バーチャルさんはみている』
ここから意外性のある作品が続く。『おまるのまるまるお』は夕方放送の1分アニメで、ママを応援するアニメというコンセプト。
Dimensionハイスクール』は、3次元の実写と2次元のCGアニメを行き来するハイブリッド作品で、2.5次元俳優をメインキャストに起用している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年1月10日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。