水樹奈々、6年振りオーケストラライブに2日間38,000人を動員! DAY2レポート

水樹奈々、6年振りオーケストラライブに2日間38,000人を動員! DAY2レポート
「NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUS III-」写真:上飯坂一、小境勝巳
1月19日・20日、声優アーティスト水樹奈々が、さいたまスーパーアリーナにて「NANA MIZUKI LIVE GRACE -OPUS III-」を開催した。2013年1月に同会場でおこなわれて以来、6年振り3度目となるオーケストラライブでは2日間で約38,000人を動員。初共演の東京フィルハーモニー交響楽団を含めて、総勢152人が出演した珠玉のステージとなった。

幕開けは、戴冠式をテーマにしたオープニングムービーから。オーボエの音色が美しいバレエ組曲「白鳥の湖」“情景”が演奏される中、宮殿で王冠を授かった水樹は、バレリーナの姿からロングドレスにマントを纏った女王に変身する。

そして「Glorious Break」の荘厳なイントロとともに、映像と同じ衣装でステージ上空から勇ましく現れた水樹は、そのまま高さ12mをフライング。
「全力でかかってこーい!!」のシャウトから「VIRGIN CODE」を熱唱し、開始早々からエネルギッシュな楽曲で観客のボルテージを一気にMAXまで高めた。

6年振りの「LIVE GRACE」に「ついにこの日がやってきたぜー!」と興奮を隠せない様子の水樹は、「今回初めて参戦する人はどんなテンションで行けばいいのか悩んでいたかもしれませんが…いつも通り全力ではじけまくってください!今日はパワー残して帰っちゃダメよ!」と、客席をどんどん煽っていく。

フルオーケストラという特別編成ながら和気あいあいとした空気をかもしつつ、久々のパフォーマンスとなった「Love Trippin'」でステージの端から端までキュートな笑顔を振りまく水樹。「Nocturne-revision-」では切ない歌声を響かせ、「夢幻」では艶やかな表情で舞い歌う姿で会場中を魅了した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年1月21日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「蒼井翔太」のニュース

次に読みたい関連記事「蒼井翔太」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮野真守」のニュース

次に読みたい関連記事「宮野真守」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「緒方恵美」のニュース

次に読みたい関連記事「緒方恵美」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。