渡辺信一郎総監督“普段は言わないが自信作”「キャロル&チューズデイ」発表会レポート

渡辺信一郎総監督“普段は言わないが自信作”「キャロル&チューズデイ」発表会レポート
『キャロル&チューズデイ』制作発表会
2月21日、TVアニメ『キャロル&チューズデイ』の制作発表会が行なわれ、キービジュアルや主要キャストを公開。キャストには島袋美由利、市ノ瀬加那、大塚明夫入野自由上坂すみれ神谷浩史宮野真守の7人が発表された。

『キャロル&チューズデイ』はボンズ20周年、フライングドッグ10周年を記念して作られる完全オリジナルアニメ。
総監督は『カウボーイビバップ』『坂道のアポロン』の渡辺信一郎で、4月よりフジテレビ「+Ultra」枠にて2クールで放送される。キャロルとチューズデイという2人の少女が、ミュージシャンを目指す物語だ。

制作発表会では、本作の制作に携わる渡辺監督、ボンズ代表取締役・南雅彦、フライングドッグ代表取締役社長・佐々木史朗が登壇し、トークが行なわれた。
制作に至った経緯については、渡辺監督は「死にそうになった年寄りが、なんとか死に際にアニメを作りたいと」いう心境があったことをオブラートに包まず告白。南と佐々木も「死に花企画」と言い、力の入った企画だと伝えた。
それゆえかチャレンジ精神にも溢れていて、女の子を主人公に据えた作品は渡辺監督にとって初だという。

また、渡辺監督が音楽に造詣が深く、海外にも根強いファンを持っていることから「世界中に見てもらえる音楽アニメ」にすることが大前提だったと佐々木。
これを受け渡辺監督は「音楽アニメと言うと、音楽マニアとしての自分が見ても納得のいくものにしないといけない」と、手を出しづらかったと吐露。だが「制作の過程で、音楽好きの自分からOKが出まして、アニメ監督のほうの自分も作ることができた」と語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年2月21日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「早見沙織」のニュース

次に読みたい関連記事「早見沙織」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「寺島拓篤」のニュース

次に読みたい関連記事「寺島拓篤」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「村瀬歩」のニュース

次に読みたい関連記事「村瀬歩」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。