「映画ドラえもん のび太の月面探査記」郷愁にかられる“ムーンビジュアル”が公開!

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」郷愁にかられる“ムーンビジュアル”が公開!
『映画ドラえもん のび太の月面探査記』ムーンビジュアル(C) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019
『映画ドラえもん のび太の月面探査記』(2019年3月1日ロードショー)より、劇中の印象的な場面を描いた“ムーンビジュアル”が新たに公開。さらに、本作の脚本を務める直木賞作家・辻村深月のコメントも到着した。

『映画ドラえもん』シリーズ39作目となる『のび太の月面探査記』。脚本に大の『ドラえもん』ファンを公言する直木賞作家・辻村深月を迎え、神秘的でロマン溢れる“月”を舞台にシリーズ史上最大のSF冒険ファンタジーが描かれる作品だ。

今回公開となった“ムーンビジュアル”は、「大人になったすべての子どもたちへ」をテーマに、アクリル絵具で物語を抒情的に描いたノスタルジーな魅力が溢れるビジュアルとなっている。

今作の冒険の舞台“月”の下で、のび太たちがそれぞれ強い覚悟を持ってある場所に向かう姿を描いている本ビジュアルは、『映画ドラえもん』シリーズで描かれ続けてきた「心細さを乗り越える強さ」「信じる気持ちが生む絆」「勇気を持つことの大切さ」という要素も含まれた、『映画ドラえもん』らしさが感じられる仕上がりとなった。

脚本を務める直木賞作家・辻村深月からは、「大人なら誰でも、子ども時代に一度は、親にも黙って何かをそっと決意した日があるはずです。本当は不安だけど、心配をかけたくないから『大丈夫?』と聞かれても『うん』と答えたあの日や、友達との秘密を守ろうと決めた時の気持ち。誰かのために、自分のために、ひそかに強く、一歩大人になる決意をしたその夜のことを思い出しながら、皆さんにも映画の中のみんなを応援してもらえたら、とても嬉しいです」と本作への想いを込めたコメントも寄せられた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年2月25日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。