2018年、地上波放送された映画で“視聴質”高かったのは?「君の名は。」ほかアニメ映画がランキング上位に

2018年、地上波放送された映画で“視聴質”高かったのは?「君の名は。」ほかアニメ映画がランキング上位に
「君の名は。」(c)2016「君の名は。」製作委員会
テレビの見られ方「視聴質」のデータを取得・提供するTVISION INSIGHTSが、「2018年テレビ地上波放送 映画番組視聴質ランキング」を発表した。「個人全体」ランキングでは『君の名は。』が1位に輝き、『ズートピア』が2位、『メアリと魔女の花』が4位につけた。

このランキングは、人々がテレビの前に滞在している度合いを示す「VI値」と、テレビ画面に顔が向いているかを示す「AI値」をかけあわせた、「VI値×AI値」の高い順に順位づけしたもの。これによって、数値が高いほどその番組がよく見られていることになる「専念視聴度合い」を明らかにしている。
調査対象となったのは、2018年1月1日から12月31日までにテレビ地上波で放送された映画番組。ランキングは「個人全体」「映画関心層」「男性」「女性」の4属性でトップ5が算出された。

このうち「個人全体」ランキングでは、夢の中で“入れ替わる”少年と少女を描く新海誠監督作品『君の名は。』が1位をマーク。動物たちの“楽園”を描くディズニー長編アニメーション『ズートピア』が2位、スタジオジブリ出身の米林宏昌監督によるファンタジー『メアリと魔女の花』が4位に飛び込んだ。

トップ5のうちアニメ3作品はいずれも地上波初放送ということもあり、話題性も「視聴質」の高さを手伝っていたことがうかがえる。

さらに、関心事として「映画・演芸」を選んだ視聴者を対象とする「映画関心層」ランキングでは、宮崎駿の長男・宮崎吾朗監督によるファンタジー『ゲド戦記』が1位、筒井康隆のSF小説を細田守監督がアニメ映画化した『時をかける少女』が4位にランクイン。

特に、4位の『時をかける少女』はアカデミー賞にもノミネートされた同監督作品『未来のミライ』の劇場公開日に放送されており、より映画ファンの関心を誘っていたようだ。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月7日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。