目指すは"若手アニメ監督の登竜門"! 東宝×丸井「そばへ」制作発表会で明かされたプロジェクトの今後

目指すは"若手アニメ監督の登竜門"! 東宝×丸井「そばへ」制作発表会で明かされたプロジェクトの今後
青木正久、福原遥、石井俊匡監督、大田圭二
3月7日、東宝本社にてショートアニメ『そばへ』の記者会見が行われ、企画陣、石井俊匡監督、キャストの福原遥が本作にまつわるトークを展開した。

丸井グループが製作、東宝映像事業部が企画をし、『宝石の国』で注目を集めたオレンジが制作したオリジナルショートアニメーション『そばへ』が3月7日より配信スタート。

同日行われたマスコミ向け記者会見では、監督の石井俊匡、キャストの福原遥、丸井グループ執行役員の青木正久、東宝の大田圭二が登壇。本企画の経緯や、それぞれの作品への思いを語った。

青木と大田が登壇した第1部では、コンペティションを経て東宝とのタッグを組んだ理由について、青木が「作品のクオリティもさることながら、(企画のテーマである)インクルーシブという考え方を石井監督と東宝さんに理解していただき、さらには東宝・武井克弘プロデューサーの熱い想いに共感、共鳴し、お願いをしました」とコメント。
それに対し、大田は「候補の中から勝ち上がり、選ばれたということを本当に嬉しく思っています」と感謝を述べた。

トークの中では本作が東宝アニメーションの武井プロデューサーと、オレンジの和氣澄賢プロデューサーがタッグを組んだプロジェクトの第1弾であることが明かされた。
今後の展開について青木は「東宝とマルイグループの取り組みを、第2弾、第3弾と続け、若手アニメーション監督の登竜門的な存在に発展させたい」と語り、大田も「これまでも丸井さんには宣伝展開でのご協力や、ゴジラ・ストアを新宿マルイ アネックスにオープンしていただくなどしましたが、アニメにおいても共に才能を発掘し、面白いものを用意していきたい」と、それぞれが今後の展望を語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年3月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「工藤優作」のニュース

次に読みたい関連記事「工藤優作」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「うどんの国の金色毛鞠」のニュース

次に読みたい関連記事「うどんの国の金色毛鞠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「桜庭薫」のニュース

次に読みたい関連記事「桜庭薫」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。