Netflix、「スプリガン」アニメ化を発表! 新たに日本の大手アニメプロダクション3社と契約へ

Netflixが、日本の大手アニメプロダクションであるアニマ、サブリメイション、デイヴィッドプロダクションの3社と包括的業務提携契約を締結すると発表した。2018年に締結したプロダクションI.G、ボンズに続く同契約によって、全世界190カ国に向けたオリジナルアニメコンテンツの拡充に注力していく構えだ。

本提携により、アニマとはNetflixオリジナルの実写SFシリーズ『オルタード・カーボン: リスリーブド』のアニメ作品の制作が決定。さらに、サブリメイションとはカプコンの同名ゲームを元にした『ドラゴンズドグマ』、デイヴィッドプロダクションとは「少年サンデー」の同名マンガを原作とする『スプリガン』をそれぞれ制作していくことになった。

また、Netflixは2018年発表の包括的業務提携によって、プロダクションI.Gと『攻殻機動隊 SAC_2045』(2020年全世界独占配信)を制作しているが、今回新たに同社グループ会社のWIT STUDIOと『ヴァンパイヤ・イン・ザ・ガーデン』を制作することもわかった。
このほか、ボンズとは漫画家マーク・ミラーと共同制作者兼アーティストのレイニル・フランシス・ユーによるマンガ『スーパー・クルックス』のアニメシリーズ制作も決定した。

今回の提携に、アニマ・笹原晋也代表取締役は「自分たちの制作したコンテンツが全世界の人たちに見てもらえると思うと今からとてもワクワクします」とコメント。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年3月12日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Netflix」のニュース

次に読みたい関連記事「Netflix」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。