「Dr.STONE」壮大な“石の世界”公開!監督らスタッフ陣のコメント到着「よろしくお願“石”ます!!」

「Dr.STONE」壮大な“石の世界”公開!監督らスタッフ陣のコメント到着「よろしくお願“石”ます!!」
TVアニメ『Dr.STONE』第2弾キービジュアル(C)米スタジオ・Boichi/集英社・Dr.STONE製作委員会
TVアニメDr.STONE』より、7月からの放送に先駆けて第2弾キービジュアルが公開。さらに、メインスタッフ情報が公開となり、監督の飯野慎也とシリーズ構成・脚本の木戸雄一郎よりコメントも到着した。

同作は、週刊少年ジャンプで連載中の原作・稲垣理一郎、作画・Boichiによる漫画が原作。全人類が、謎の現象により一瞬で石化して数千年たった世界で目覚めた、根っからの科学少年・千空が、超人的な頭脳で文明を取り戻していく姿を描く。

公開されたキービジュアルでは、数千年の時を経て目覚める千空、大木大樹、小川杠、獅子王司ら4人のキャラクターの姿が、作品の舞台となる壮大な“石の世界(ストーンワールド)”とともに描かれた。

あわせてメインスタッフ情報も公開され、監督には、『メイドインアビス』で助監督を務めた飯野慎也、シリーズ構成・脚本には『ポプテピピック』脚本の木戸雄一郎、キャラクターデザインには『劇場版 弱虫ペダル』でキャラクターデザインを担当した岩佐裕子が決定した。さらに、音楽スタッフとして加藤達也、堤博明、YUKI KANESAKAら3名の参加も発表された。

監督の飯野は、本作の見どころを「次々起こる怒涛の展開、魅力的な登場人物、緻密なクラフト描写」と語り、「アニメ『Dr.STONE』をよろしくお願“石”ます!!」のメッセージを寄せた。

また、シリーズ構成・脚本の木戸は、本作に初めて触れたときの感想を「いきなり人類が石化!? 数千年経過!? 読み始めて1分でぶっ飛びました」と語り、本作のスケールの大きさや、展開の早さ、くり広げられる科学を中心としたドラマに「ドキドキをビシバシ感じて下さい」とコメントした。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年3月18日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。