声優・豊永利行の応募作が佳作受賞! 「Project ANIMA」第三弾 大賞授賞式レポート【AJ2019】

声優・豊永利行の応募作が佳作受賞! 「Project ANIMA」第三弾 大賞授賞式レポート【AJ2019】
「AnimeJapan 2019」「Project ANIMA 第三弾『キッズ・ゲームアニメ部門』大賞授賞式」の模様
東京ビッグサイトにて、「AnimeJapan 2019」開催中。3月23日には、KILLER PINK STAGEにて「Project ANIMA」によるステージが開催され、豊永利行小松未可子三上枝織と、動画工房・平松岳史、DeNA・上町裕介が登壇した。

「Project ANIMA」とは、DeNA、文化放送、創通、MBSの4社が共同しオリジナルアニメの原作を公募する企画。これまで「SF・ロボットアニメ部門」と「異世界・ファンタジー部門」の大賞が発表されアニメ化が決定したが、今回はこれの第三弾となる「キッズ・ゲームアニメ部門」の大賞授賞式が行なわれた。

大賞は、品川一の『メビウス・ダスト』。2000年2月29日に降り注いだ隕石群から、新物質「メビウス・ダスト」が発見され、ある奇跡をもたらす物語だ。受賞者・品川が登壇すると、客席からは大きな拍手が。盾と賞金を受け取った。

作品を読んだ豊永は、「女性だったんだね……!」とびっくり。小松、三上も同様で「作品も名前も硬派な印象だったから」と目を丸くした。

さらに、「動画工房さんといえば、かわいらしいキャラクターの緩やかな日常ものという感じだったんですけど」と、小松。観客含め、「動画工房がこんなに硬派な作品を?」とあまり想像がつかない様子だったが、平松氏は「ゲーム化も含めて画面映えがあり、アニメーションとして魅力が出せそうな作品といえばと考えたとき、この作品がいいなと思った」とコメント。もう明確なイメージができているようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年3月23日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「声優」のニュース

次に読みたい関連記事「声優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。