P.A.WORKS「フェアリーゴーン」骨太ファンタジーをやわらかく紹介♪ いらすとやコラボ動画公開

P.A.WORKS「フェアリーゴーン」骨太ファンタジーをやわらかく紹介♪ いらすとやコラボ動画公開
「ふぇありーんごー」場面カット(C)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会
4月7日スタートのTVアニメFairy gone フェアリーゴーン』放送開始に先駆け、フリー素材サイト「いらすとや」とのコラボが決定。“骨太ファンタジー”な本編の内容をやわらか~く伝える動画「ふぇありーんごー」のPVが、4月1日に配信された。なお、本コラボはエイプリルフールのウソ企画ではなく、4月10日の「ふぇありーんごー」#1を皮切りに、本当に配信スタートとなる。

『Fairy gone フェアリーゴーン』は、監督を『DRIFTERS』『はたらく細胞』でメガホンを取った鈴木健一、シリーズ構成・脚本を『灰と幻想のグリムガル』で知られる小説家・十文字青、アニメーション制作をP.A.WORKSが務めるオリジナルTVアニメーションだ。

舞台は、かつて妖精が“兵器”として扱われていた世界。妖精を戦争の道具として自在に操る“妖精兵”たちは、長きにわたる戦争が終結すると行き場を失い、あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに、それぞれの生きる道を選択していった。そして戦争から9年、主人公の少女マーリヤが、妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関『ドロテア』に入隊するところから、物語は始まる……。

フリー素材サイト「いらすとや」とのコラボで生まれた「ふぇありーんごー」は、そんな本編をやわらか~く紹介する動画企画である。同動画内で使用されているキャラクターや妖精のイラストたちは、「いらすとや」を運営しているイラストレーター・みふねたかしが担当。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年4月1日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。