「ガンダム」を描いた“職人”大河原邦男のメカニックデザイン論 「重要なことはいつの時代も同じ」【インタビュー】

「ガンダム」を描いた“職人”大河原邦男のメカニックデザイン論 「重要なことはいつの時代も同じ」【インタビュー】
大河原邦男
4月16日まで東京・3331 Arts Chiyodaにて開催されている展覧会「ラフ∞絵」。
秋本治さん、天野喜孝さん、高田明美さんと共に参加するのは、メカニックデザイナーの大河原邦男さんだ。

『機動戦士ガンダム』や『装甲騎兵ボトムズ』、『タイムボカンシリーズ』をはじめ、数多くのメカニックデザインを手がけてきた大河原さんは、どのよう経験や環境を経て多彩なデザインを生み出すに至ったのか?

その原点やデザインを生み出すプロセスなど、パーソナルな部分を語ってもらった。
[取材・構成=石井誠]

■幼い頃から触れて来たミリタリーメカニックとメカに対する好奇心
――大河原さんのメカ好きとなる原体験は、どんなものだったのでしょうか?

大河原
私は1947年生まれで、生まれる2年前までは日本は戦争をしていたんです。
そんな環境なので、幼い頃には本物の兵器を見る機会がたくさんありました。

うちの近くに米軍基地があり、進駐軍の姿を良く見ましたね。
ちょっと離れたところにある多摩川の北側は調布の飛行場でしたし、近くを通る府中街道から少し入ったところに旧陸軍の弾薬庫があって、それを米軍が接収して利用していたということもあって、弾薬を運ぶ軍用車や道路整備に使われた米軍の重機も子どもの頃には相当見ていたんです。
そういう環境がメカ的な原点になります。

当時は、空を見上げると、ロッキードのF-104という戦闘機が厚木基地と横田基地を行き来している姿が見えて、米軍兵が乗るウィリスMBというジープが走り回っている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年4月5日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「TIGER&BUNNY」のニュース

次に読みたい関連記事「TIGER&BUNNY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「魔法少女まどか☆マギカ」のニュース

次に読みたい関連記事「魔法少女まどか☆マギカ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら