なぜVTuberの見た目はアニメっぽいのか? 「キズナアイ」「燦鳥ノム」プロデューサーが語るVtuberのこれまでと未来

4月3日から5日にかけて東京ビッグサイトにて、リードエグジビジョンジャパンによる国内最大規模のコンテンツ関連展示会「コンテンツ東京2019」が開催された。
1350のブースが立ち並び4万人以上ものビジネスマンが集う巨大な展示会だが、今回は5日に公開されたセミナー「バーチャルYouTuberが切り開く、コンテンツビジネスの新たな可能性」について概要をレポートする。

本セミナーの登壇者は、キズナアイが参加する「upd8(バーチャルタレント支援プロジェクト)」を運営するActiv8の代表取締役大坂武史氏、グリーのバーチャルYouTuber関連子会社であるWright Flyer Live Entertainmentの代表取締役社長荒木英士氏、サントリーコミュニケーションズの燦鳥ノム(さんとり・のむ)プロジェクトリーダー前田真太郎氏の3名。
モデレーションはVR動画配信サービス「360Channel」を提供する360Channelの代表取締役社長中島健登氏が務めた。コンテンツ東京では初のVTuberセミナーとなった。
セミナーは3名がそれぞれ自身の会社に属するVTuberや関連サービスについて紹介し、適宜モデレーターが質問をするという形で行われた。

VTuberの最古参であるキズナアイの活動をサポートするActiv8だが、社是はデジタルやバーチャル空間を活かすことで「生きる世界の選択肢を増やす」ことであり、VTuber事業はそのひとつの形であるという。

この記事の画像

「なぜVTuberの見た目はアニメっぽいのか? 「キズナアイ」「燦鳥ノム」プロデューサーが語るVtuberのこれまでと未来」の画像1 「なぜVTuberの見た目はアニメっぽいのか? 「キズナアイ」「燦鳥ノム」プロデューサーが語るVtuberのこれまでと未来」の画像2 「なぜVTuberの見た目はアニメっぽいのか? 「キズナアイ」「燦鳥ノム」プロデューサーが語るVtuberのこれまでと未来」の画像3 「なぜVTuberの見た目はアニメっぽいのか? 「キズナアイ」「燦鳥ノム」プロデューサーが語るVtuberのこれまでと未来」の画像4

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年4月10日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。