劇場版「タガタメ」石崎ひゅーいが書き下ろし楽曲提供!河森正治総監督も絶賛

劇場版「タガタメ」石崎ひゅーいが書き下ろし楽曲提供!河森正治総監督も絶賛
石崎ひゅーい
『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』(2019年6月14日公開)の主題歌とエンディングソングが、シンガーソングライター・俳優の石崎ひゅーいによる楽曲に決定。書き下ろし楽曲2曲について、総監督を務める河森正治は「心の深い所に染み込んで震わし、ゆり動かしてくれる素敵な歌」とコメントを寄せた。

『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の原作は、全世界で900万DLを突破した本格タクティクスRPG『誰ガ為のアルケミスト』。『マクロス』シリーズ、『アクエリオン』シリーズで知られる河森が総監督を担当し、自身初となるゲーム原作の映画化に挑む。
本編には、ゲームに登場する人気キャラクターに加え、劇場版オリジナルヒロイン・カスミが登場。光と闇の均衡を失ったバベル大陸で繰り広げる、壮大な冒険譚が幕を開ける。

このたび、主題歌とエンディングソングとして、シンガーソングライター・俳優の石崎ひゅーいによる、書き下ろし楽曲2曲が使用。
主題歌は本作の世界観を踏襲した壮大なミディアムバラード「Namida」。カスミの葛藤と成長していく姿が、歌詞とリンクし、ストーリーに深みを与える。
エンディングソングは物語の最後を締めくくる珠玉のバラード「あの夏の日の魔法」。映画の魔法から現実へ導くエンドロールで、物語の余韻を深める一曲だ。

今回の楽曲について河森は「どこか懐かしくて、あったかくて、やさしいけれど力強い。心の深い所に染み込んで震わし、ゆり動かしてくれる素敵な歌。『Namida』をバックに見せるカスミやエドガー達の心情描写には特に力が入りました。ぜひ大スクリーンでご体感ください」とアピールしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年4月12日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ガンダムビルドファイターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンダムビルドファイターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「機動戦士Vガンダム」のニュース

次に読みたい関連記事「機動戦士Vガンダム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「コードギアス」のニュース

次に読みたい関連記事「コードギアス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。