ジャンプ×マガジンの無料マンガサイト「少年ジャンマガ学園」はなぜ22歳以下限定なのか?

ジャンプ×マガジンの無料マンガサイト「少年ジャンマガ学園」はなぜ22歳以下限定なのか?
(C)少年ジャンマガ学園製作委員会
4月8日、「週刊少年ジャンプ」と「週刊少年マガジン」による期間限定Webサイト「少年ジャンマガ学園」記者発表会が行われた。本記事ではその模様に加え、なぜ本Webサイトが22歳限定なのかについてお届けする。

記者発表は都内某所にある中学校を改装した施設にて行われた。会場は学校の教室そのものだったが、「少年ジャンマガ学園」らしさを感じさせる演出が所々に見られた。
この学園ではどういった授業が行われているのか想像するだけでも楽しくなってくる、記者会見だけに使うには惜しいこだわりようだった。

チャイムが鳴った後、プロジェクト責任者である「週刊少年ジャンプ」編集部細野修平氏と「週刊少年マガジン」編集部橋本脩氏によるプロジェクト説明が行われた。

「少年ジャンマガ学園」は4月8日から6月10日までの約2ヶ月間限定のWebサイトで「週刊少年ジャンプ」「週刊少年ジャンプ+」(以上集英社)「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」「マガジンポケット」(以上講談社)の5媒体に掲載されている少年マンガ170冊以上を、22歳以下限定で無料で読めるようにするというもの。

年齢制限は「これまでマンガに触れてこなかった若者世代に読んでほしい」というコンセプトからで、原則的に全作品1話目から読めるようになっている(どこまで読めるかは作品によって異なる)。

ラインナップされた作品は『ワンピース』『進撃の巨人』などの看板タイトルはもちろん、近年TV

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年4月22日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。