「プロメア」松山ケンイチ、早乙女太一と堺雅人の演技にムラムラ? 完成披露舞台挨拶レポート

「プロメア」松山ケンイチ、早乙女太一と堺雅人の演技にムラムラ? 完成披露舞台挨拶レポート
「プロメア」松山ケンイチ、早乙女太一と堺雅人の演技にムラムラ? 完成披露舞台挨拶レポート
5月24日公開のアニメーション映画『プロメア』の完成披露舞台挨拶が、5月15日TOHOシネマズ六本木で行われた。
松山ケンイチ(ガロ役)、早乙女太一(リオ役)、堺雅人(クレイ役)の主役3人に加え、ケンドーコバヤシ(ビニー役)、古田新太(デウス博士役)、佐倉綾音(アイナ役)、スタッフ陣からは脚本の中島かずき、監督の今石洋之が登壇。アフレコの様子や映画の見どころについてコメントした。

『プロメア』は、TVアニメ『天元突破グレンラガン』、『キルラキル』でアニメ界を沸かせた今石監督と、〈劇団☆新感線〉の座付き作家として演劇界を牽引する中島のタッグによる、初の劇場版アニメ。

今石監督をはじめ、コヤマシゲトや澤野弘之をはじめとする日本のトップクリエイターとスタッフ陣が心血注いで作り上げた新しい映像表現と、〈劇団☆新感線〉に出演経験がある演技派俳優と、実力派声優陣によるキャスティングが見事にマッチした、新時代にふさわしいバトルエンタテインメント作品に仕上がっている。

およそ6年の制作期間を経て完成披露を迎えた今石監督は、第一声で完成の喜びを表現。映像を観て、今までみたことがない色づかいに驚いたという松山のコメントに「通常の3倍くらい手間をかけて、こだわった」と回答した。
「OPがめちゃめちゃすごかったです」という早乙女のコメントには、中島が「監督のおかげです。このテンポ感は、僕が想定している2倍の速さで行っている」と、映像の魅力を強調した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年5月16日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「山田くんと7人の魔女」のニュース

次に読みたい関連記事「山田くんと7人の魔女」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。