下野紘、ライブ&映像&朗読で“sympathy”の世界へと誘う… 「Reading&Mini Live」イベントレポ

下野紘、ライブ&映像&朗読で“sympathy”の世界へと誘う… 「Reading&Mini Live」イベントレポ
「HIRO SHIMONO Reading&Mini Live 2019 ~sympathy~」イベントスチール
5月18日、声優・アーティストとして活躍する下野紘が、東京・ニューピアホールにてイベント「HIRO SHIMONO Reading&Mini Live 2019 ~sympathy~」を昼夜2公演で開催した。

開演後、まずはステージ上のスクリーンに、街並みに佇む下野の姿が映し出されると、続いてステージに登場した下野によるリーディング、すなわち“朗読”がスタートする。
今回のイベントは、3月20日にきゃにめ限定シングルとしてリリースされた「sympathy」と連動した企画で、シングルに収録された楽曲やモノローグとリンクした構成。「sympathy」が意味する「思いやり」「同感」「共鳴」といったワードにあわせて、映像や朗読パートが組み込まれていった。

コミカルなシチュエーションからのシリアス展開に客席が息をのむ中、「Pleasure」でミニライブの幕が開く。続く「約束」で会場がペンライトの赤で真っ赤に染めあがると、「Coloors」へと入って立て続けに3曲を披露。歌唱が終わるとそのまま映像パートに突入する怒涛の展開が、会場全体を「sympathy」の世界へと誘っていく。

「時代劇撮影現場」の映像に観客が驚く暇もなく、再びライブパートへ。「Ever Red」「Fellow Yellow」「Violet phantom」の3曲が披露されると、客席も楽曲名に含まれたそれぞれの色にペンライトを切り替えて、下野の歌を盛り上げる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 下野紘 アニメ
  2. 下野紘 吹替え
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年5月20日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「下野紘 + アニメ」のおすすめ記事

「下野紘 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「下野紘 + 吹替え」のおすすめ記事

「下野紘 + 吹替え」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「花江夏樹」のニュース

次に読みたい関連記事「花江夏樹」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。