「ダンキラ!!!」は推しをとことん推せる! “リズムゲーム苦手”な筆者がプレイして感じた3つの魅力【プレイレポート】

「ダンキラ!!!」は推しをとことん推せる! “リズムゲーム苦手”な筆者がプレイして感じた3つの魅力【プレイレポート】
『ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -』(C)Konami Digital Entertainment
4月25日、少年ダンサー育成ゲーム『ダンキラ!!! - Boys, be DANCING! -』(以下、ダンキラ!!!)の試遊会が、開発元であるKONAMIで行われました。

ダンキラとは、「ダンス×キラートリック」の略。舞台となるのは“キラートリック”と呼ばれる協力技を交えたダンスで観客を魅了するダンキラが身近となった世界。紅鶴学園のコーチ科に通うプレイヤーは、特待生ダンサーである15名のゴールド生を育成し、ダンキラマイスターへと導きます。

ダンスはもちろん、難易度やストーリーのボリュームなど知りたいことは盛りだくさん。本稿では『ダンキラ!!!』をプレイして感じた魅力をご紹介します。

初心者から上級者まで楽しめるダンスゲーム

ダンキラ中の基本操作は一般的な音ゲーと同じく、落ちてくる光に合わせてボタンをタップするだけ。通常タップは緑、長押しはピンク、両手押しは青、とボタンの色を参考にするとプレイしやすいと感じました。
難易度はEASY、NORMAL、HARDの3種類。初心者から上級者まで楽しむことができます。

初心者に嬉しいオート機能
実は筆者は音ゲーがあまり得意ではなく、クリアできずに挫折した経験が何度もありました。「音ゲーは苦手だけどストーリーは読みたい!」という、筆者のようなプレイヤーが活用したいのがオート機能! オートチケットというアイテムを消費することで、ダンキラ中の操作をオートにできます。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年5月21日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。