円谷プロ「かいじゅうのすみか」でウルトラマンとは違う目線から怪獣の魅力を発信

記事まとめ

  • 円谷プロダクションが、歴代作品に登場した怪獣たちの魅力を発信する新たな世界『かいじゅうのすみか』を発表した。
  • 怪獣や宇宙人たちが何者かと敵対することなく、ありのままの姿で共棲する世界を映し出す新たなコンテンツになる。
  • 8月には空想科学絵本を出版し、11月には東京ドームシティにて体感アトラクションとして展開する予定だ。

「ウルトラマン」円谷プロ、新コンテンツ「かいじゅうのすみか」発表! これまでと違う目線で“怪獣”を知る

「ウルトラマン」円谷プロ、新コンテンツ「かいじゅうのすみか」発表! これまでと違う目線で“怪獣”を知る
『かいじゅうのすみか』(C)TSUBURAYA PRODUCTIONS CO., LTD.(C)円谷プロ
円谷プロダクションが、歴代作品に登場した怪獣たちの魅力を発信する新たな世界『かいじゅうのすみか』を発表。2019年8月には空想科学絵本を出版し、11月には東京ドームシティにて体感アトラクションとして展開する予定だ。

『かいじゅうのすみか』は、円谷プロダクションの怪獣や宇宙人たちが、何者かと敵対することなく自然のありのままの姿で共棲する世界を映し出す新たなコンテンツ。
怪獣や宇宙人たちは様々な事由で登場してきたが、彼らは何故現れ、人々に何を伝えようとしていたのか……。そこには「人間が避けては通れない普遍的な課題への問いかけがあり、その声に耳を傾けることには大事な意味があるのかもしれない」という視点で怪獣を捉える。

原作の舞台は、“にんげん”が立ち入らず、“かいじゅう”たちが、あるがまま心穏やかに生きる安らぎの地。
ある日、時空が歪んで、閉ざされた世界に人間社会とのポータルが開いてしまい、サマーキャンプ中だった少年が誰も訪れたことのない“かいじゅうのすみか”へと迷い込んでしまう。それが、未知なる冒険の始まりだった……。

今後の『かいじゅうのすみか』の展開としては、不思議な世界に迷い込んだ少年少女たちの視点で楽しめる絵本の出版を予定。さらに、円谷プロならではのアナログ特撮技術と最新のデジタル技術が駆使し、“かいじゅう”たちの魅力を味わえる全く新しい体感アトラクションが、東京ドームシティにて3か月間にわたって開催される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年5月30日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「仮面ライダー」のニュース

次に読みたい関連記事「仮面ライダー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キン肉マン」のニュース

次に読みたい関連記事「キン肉マン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「北斗の拳」のニュース

次に読みたい関連記事「北斗の拳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。