劇場版「タガタメ」水瀬いのり&河森総監督ら公開初日を鏡割りでお祝い! 舞台挨拶レポ

劇場版「タガタメ」水瀬いのり&河森総監督ら公開初日を鏡割りでお祝い! 舞台挨拶レポ
劇場版「タガタメ」水瀬いのり&河森総監督ら公開初日を鏡割りでお祝い! 舞台挨拶レポ
6月14日、『劇場版 誰ガ為のアルケミスト』の初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズで開催。
ステージには、キャストの水瀬いのり(カスミ役)、逢坂良太(エドガー役)、降幡愛(リズベット役)、そして総監督の河森正治、監督の高橋正典、プロデューサーの今泉潤が登壇し、トークを繰り広げた。

スマートフォン向け本格タクティクスRPG『誰ガ為のアルケミスト』を原作とする本作は、普通の女子高生・永坂カスミが、ゲームの舞台であるバベル大陸にて冒険を繰り広げる物語。
最大の特徴は、ゲームのオープニングを手がけた河森正治が大胆にオリジナル要素を盛り込んだ映像化を行っていることで、原作ファンも、初めて『タガタメ』に触れる人も、新鮮な気持ちで楽しめる内容となっている。

最初の挨拶では、水瀬が「こうしてみなさんの努力の結晶を観てもらうことを嬉しく思います」、逢坂が「ネタバレは隠しつつ、精一杯みなさんを楽しませていきたいので、よろしくお願います!」、降幡が「初日を迎えられることを嬉しく思っています。全ての人が愛を込めて作っている作品なので、何回も観てほしいです」と、それぞれが公開日を迎えての心境を述べた。

そして、高橋監督は「作品の納品は済んでいるけれど、本当の完成はこうしてみなさんに観ていただくことなので、やっと胸を張って作品が完成したと言えるようになりました」と語り、今泉プロデューサーは「メールを見たら、ちょうど二年前の6月14日に河森監督を訪ねにサテライトへ行っていたんです。運命的な日ですね……」と、公開初日を迎えたことに感無量な胸中を明かす。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年6月15日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「雨宮天」のニュース

次に読みたい関連記事「雨宮天」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「梶裕貴」のニュース

次に読みたい関連記事「梶裕貴」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小林ゆう」のニュース

次に読みたい関連記事「小林ゆう」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。