「きみと、波にのれたら」湯浅政明監督の“新境地”の秘密に迫る! 制作時のアートボード公開

「きみと、波にのれたら」湯浅政明監督の“新境地”の秘密に迫る! 制作時のアートボード公開
『きみと、波にのれたら』(C)2019「きみと、波にのれたら」製作委員会
湯浅政明監督の最新作『きみと、波にのれたら』(6月21日ロードショー)より、制作時の貴重なアートボードが公開された。本作で“背中を押してくれるラブストーリー”という新境地に挑戦した、湯浅監督の魔法のような表現の秘密に迫った計2枚だ。

『きみと、波にのれたら』で湯浅監督が描いたのは、魔法のような水と火の表現で一世を風靡した『夜明け告げるルーのうた』や、バイオレンスな世界観を巧みな映像で表現した『DEVILMAN crybaby』から一転して、海辺の街で繰り広げられるラブストーリーだ。
メインキャラクターの消防士・雛罌粟港と、サーフィンが大好きな大学生・向水ひな子は、とある運命的な出来事から出会い、普通にデートをして普通に恋をする仲へと進展。しかし幸せばかりは続かず、突然の別れを味わうことになってしまう。

湯浅監督は「したたかに生きなければという世の中で、純粋な主人公を波にのせてあげたいと思った」と語っているが、港とひな子にはどんな運命が待ち受けているのだろうか。

このたび公開された制作時のアートボードは、そんな湯浅監督の構想時のタッチが垣間見えるもので、独特の手法から生まれる魔法のような表現の秘密に迫る計2枚だ。

1枚目は、女の子が水中にできた箱のようなものに浮遊しているイラストで、洋服にはふわりと水が入り、無重力のような状態に見える。イラストの下には「水になって帰ってきた」という手書きの文字もあり、その意味するところも気になるポイントといえるだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年6月20日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。