「銀魂」“最終話”配信開始... 空知先生へ感謝のメッセージ続々 「彼方のアストラ」篠原健太さんもコメント

「銀魂」“最終話”配信開始... 空知先生へ感謝のメッセージ続々 「彼方のアストラ」篠原健太さんもコメント
『銀魂』(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス
マンガ『銀魂』の最終話となる第704訓「天然パーマにロクな奴はいない」が公式アプリにて配信されました。
15年の幕引きに、Twitterでは原作者の“空知先生”がトレンド入り。ずっと応援してきたファン、そして映画『銀魂2』公式アカウントや『彼方のアストラ』『SKET DANCE』のマンガ家・篠原健太さんらから、空知英秋さんへの感謝と労いのメッセージが上がっています。

『銀魂』は、空知英秋さんが2004年に「週刊少年ジャンプ」にて連載をスタートし、アニメ化、実写映画化なども果たしたSFギャグマンガです。
舞台は、突如宙から舞い降りた異人「天人」の台頭と廃刀令により侍が衰退の一途をたどっていた江戸。そんな時代で、侍の魂を堅持する甘党&無鉄砲な男・坂田銀時を中心に、笑えて泣けて、心温まる話が描かれました。

「週刊少年ジャンプ」で始まり「ジャンプGIGA」を経て、「銀魂公式アプリ」にて連載を行っていた『銀魂』ですが、当初の予定から3日遅れたものの、2019年6月20日に遂に最終話を配信。
少年ジャンプ編集部のTwitter公式アカウントは「配信が遅れたこの3日間、いや、連載が始まってから15年間、毎週毎週ずっと、増刊に行ってもアプリに行っても、ずーっとスタンバッてくださっている読者のみなさま、ほんとうにありがとうございました!」とファンへのメッセージが綴りました。

『銀魂』最終回配信に対し、映画『銀魂2』公式アカウントは「この素晴らしい作品に出会わせてくれて、そして実写化まで許可してくださって、本当に本当にありがとうございました!!!」とツイートし、『彼方のアストラ』『SKET DANCE』などで知られるマンガ家・篠原健太さんも「空知先生長期連載本当にお疲れ様でした。歴史に残る大作を描き終えて今頃チーズ蒸しパンになってそうですが、また飲みに行きましょう」と空知さんへメッセージ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年6月20日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。