「ペット2」宮野真守、イルミネーション初悪役に「すごく悩みまして」役作り明かした会見レポ

「ペット2」宮野真守、イルミネーション初悪役に「すごく悩みまして」役作り明かした会見レポ
『ペット2』吹替版完成会見(C)Universal Studios.
6月24日、映画『ペット2』(7月26日ロードショー)の吹き替え版完成会見が、東京のザ・ペニンシュラ東京にて開催された。会場には吹き替えキャストから、バナナマンの設楽統&日村勇紀のほか佐藤栞里、永作博美、内藤剛志、伊藤沙莉、宮野真守が登壇。最新作の魅力などを語り大いに盛り上がった。

設楽は、前作から3年の時を経てマックスを演じたことについて「『ペット2』は物語の世界の中でも時間が経過して、色々なことが変化しています。冒険や、友情や、成長物語や色々な話が入り組み詰まっているのに、すごくまとまって、スムーズに頭の中に入ってくるんです」とコメント。

日村は演じるデュークについて「この3年間でものすごく丸くなってます。別の犬みたいでものすごく可愛いです!マックスの成長も素晴らしいんですが、デュークもそれはそれはステキな犬になっているので、そのあたりも注目してほしいですね」と、その思い入れを明かす。

佐藤は、演じるケイティが本作で結婚・出産を経てママとなっただけに、「どうすればケイティの持つ母性を出せるのかな、と不安を抱えながら現場に行くと、マックスとデュークと、息子のリアムがものすごく可愛らしくて自然と母性が漏れてきたんです。なので、設楽さんと日村さんのおかげで、母になれました!」と演じる上での変化を語る。

永作は「クロエだけは相変わらずマイペースで、どうしたらこんな風になれるんだろうと、私も教えて欲しいくらいです(笑)ツンデレ具合も変わらず、自分の道を生きてました」と、クロエの変わらぬ魅力を紹介した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年6月25日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。