梶裕貴、ミュージカル初挑戦「全身全霊で...」 「スクール・オブ・ロック」日本初演で元ロッカー役に!

梶裕貴、ミュージカル初挑戦「全身全霊で...」 「スクール・オブ・ロック」日本初演で元ロッカー役に!
梶 裕貴 ー ネッド・シュニーブリー役(Wキャスト)
進撃の巨人』エレン・イェーガー役などで知られる声優梶裕貴が、ミュージカル『スクール・オブ・ロック』に日本初演キャストとして出演することがわかった。ミュージカル初挑戦となる梶からは、「偉大なる先輩方の胸をお借りしつつ、全身全霊で取り組ませていただきたいと思っています」と意気込みを語っている。

『スクール・オブ・ロック』は、2003年に公開されたアメリカの同名ロック映画を原作に、『オペラ座の怪人』や『キャッツ』などを送り出してきたイギリスの作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーがプロデュースと音楽を手掛けるミュージカルだ。
売れない破天荒なロッカー教師デューイ・フィンが、ロックを通してエリート進学校の無気力な子どもたちを変えていくというストーリーで、アメリカ・ブロードウェイとイギリス・ウエストエンドという、世界の演劇界を牽引する2大都市で大ヒットを記録した。

このたび決定した日本初演は、劇作家・演出家として日本の演劇界を第一線で牽引し続ける鴻上尚史による演出のもと、約7万人を動員する大規模で2020年8月に上演予定。
日本初演キャストに名を連ねた梶は、主人公デューイの親友にして元ロッカーの臨時教師ネッド役を、若手実力派俳優の相葉裕樹とWキャストで担当することに。

このほか、主人公デューイ役は西川貴教と若手俳優の柿澤勇人によるWキャスト、デューイが教師になりすまし潜り込む名門進学校の校長ロザリー役はミュージカル女優の濱田めぐみ、ネッドの恋人パティ役は元“うたのおねえさん”はいだしょうこと元AKB48の秋元才加によるWキャストに決定している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年6月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「雨宮天」のニュース

次に読みたい関連記事「雨宮天」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「神谷浩史」のニュース

次に読みたい関連記事「神谷浩史」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「藤原啓治」のニュース

次に読みたい関連記事「藤原啓治」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。