「天気の子」映画大国インドで公開決定 日本のオリジナルアニメ映画として初の快挙

「天気の子」映画大国インドで公開決定 日本のオリジナルアニメ映画として初の快挙
『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
新海誠監督の最新作『天気の子』が、このたび映画大国インドでの公開が決定した。ムンバイ、デリーをはじめとするインド全国20都市で、2019年10月11日から公開される。これにあわせて、新海監督からのコメントも到着した。

インドでは大人が映画館でアニメを見る文化がなく、劇場でオリジナルアニメ映画が公開されることは極めて稀だ。
過去にインドで一般公開された日本作品は、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』と、FOXが配給する『ドラゴンボール超 ブロリー』の2作品のみ。『天気の子』は、日本のオリジナルアニメ映画として初の一般公開となる。

しかしながらインドでは前作『君の名は。』も人気があり、新海監督の熱心なファンも多いとのこと。
今年4月、インターネット上で『天気の子』のインド公開を求める署名活動が起こり、約5万人を超えるファンの署名が集まったことが新海監督本人や東宝の海外配給担当者、現地配給会社の買い付け担当者の耳に届き、それに応える形で今回の公開が決定した。
配給側も「これまでの日本映画と比較しても大きな公開になる可能性が十分ある」と期待感を高めている。

このほか海外では、8月8日に公開を迎えた香港にて公開初日の観客動員数1位を獲得した『天気の子』。日本を越えて広がり始めた旋風が、今後も世界を席巻していきそうだ。

<以下、コメント全文掲載>
【新海誠監督】
インドで『天気の子』の劇場公開を求める署名キャンペーンが始まって以来、僕の元にもインドの

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年8月11日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。