富野由悠季総監督、劇場版「ガンダム Gレコ」は「子供たちに向けて」 最速試写会レポ

富野由悠季総監督、劇場版「ガンダム Gレコ」は「子供たちに向けて」 最速試写会レポ
劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」国内最速試写会&富野由悠季トークイベント(C)創通・サンライズ
劇場版『ガンダム Gのレコンギスタ I』「行け!コア・ファイター」の日本国内最速となる試写会が、「富野由悠季の世界」展が催されている福岡市美術館内のミュージアムホールにて8月24日に行われた。
上映後の会場では、応募総数およそ1,900人の中から抽選で選ばれた約180人のファンからの熱い拍手を受け、富野由悠季総監督と福岡市美術館の山口洋三氏がステージに登壇。興奮冷めやらぬ熱気の中でトークショーが始まった。

山口氏が劇場版について「TVシリーズと比べて分かりやすくなった」「新作カットなどで心情や状況の説明が分かりやすくなった」と投げかけると、富野総監督はこれに「自分の手だと昔からの富野流に染まってしまっていますので、“児童向け”という言葉を使いますが、そういう風にしておきたかったというのがあります」と応答。

その直し方を「今の『G-レコ』の中で描かれている問題というのは全部、現在解決ができない問題というものを画にしています。そういうことを考えてもらうためには、これから恐らく150年くらいかかるんじゃないかと思っています。なので、今子供たちにその問題意識を分からせておいて、解決策を考えてもらいたいと思い、子供たちに向けて分かりやすい物語にしておきたかったということで、こういう直しになっています」と説明する。

また山口氏の「今作は一種のおとぎ話のようにされており、監督の子供たちへのメッセージをこういった物語に託して、映画にしてお見せしている。これがいつもおっしゃっている『物語の力』なのかなと思いました」という言葉には、富野総監督は「漫画とか

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年8月25日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「攻殻機動隊」のニュース

次に読みたい関連記事「攻殻機動隊」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「仮面ライダー」のニュース

次に読みたい関連記事「仮面ライダー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュース

次に読みたい関連記事「ウルトラマン」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。