VR作品『攻殻機動隊 GHOST CHASER』がベネチアでプレミア上映 「圧倒的に完成度が高い」

記事まとめ

  • 『攻殻機動隊』のVR作品が、ベネチア国際映画祭にてプレミア上映された。
  • トークイベントには東弘明監督が登壇し、本作の見どころを語った。
  • 映画祭に参加した世界中の観客が本作のダイナミックな映像を体験し、熱い熱気に包まれた。

「攻殻機動隊 GHOST CHASER」完成度の高さに称賛の声!ベネチアでプレミア上映

「攻殻機動隊 GHOST CHASER」完成度の高さに称賛の声!ベネチアでプレミア上映
「攻殻機動隊 GHOST CHASER」(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
攻殻機動隊』のVR作品『攻殻機動隊 GHOST CHASER』が、第76回ベネチア国際映画祭にてプレミア上映された。9月6日開催のトークイベントには東弘明監督が登壇。体験型VR作品である本作の見どころを語った。

『攻殻機動隊 GHOST CHASER』は2018年から「ダイバーシティ東京プラザ」のVRライド型アトラクション施設「hexaRide」にて稼動中のVR作品である。
物語の舞台はクザン共和国。次世代兵器の調整会議に出席する国防大臣が現地視察を強行することになり、草薙素子をリーダーとする公安9課に、護衛と視察ルートを確保するという任務がくだされるというストーリーだ。

本作は第76回ベネチア国際映画祭のVR部門コンペティションにて日本のVR作品として初めて正式招待された。9月6日開催のVR部門トークイベントには東弘明監督が登壇。ラザレット・ヴェッキオ島のVR部門会場では、映画祭に参加した世界中の観客が本作のダイナミックな映像を体験し、熱い熱気に包まれた。

VRを体験した観客からは「演出やディテールに対するこだわりが特に素晴らしく、今回上映されているVR作品の中で圧倒的に完成度が高いと思いました」といったコメントが届いている。

またイベントを終えた東監督に加えて、ベネチア国際映画祭VR部門担当者である、リズ・ローゼンタール、ミシェル・ライアックのコメントも公開。VR部門の傾向や可能性、『攻殻機動隊 GHOST CHASER』をコンペティションにノミネートした理由などについて語った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 攻殻機動隊 アニメ
  2. 攻殻機動隊 映画
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年9月7日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「攻殻機動隊 + アニメ」のおすすめ記事

「攻殻機動隊 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「攻殻機動隊 + 映画」のおすすめ記事

「攻殻機動隊 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「機動戦士ガンダム」のニュース

次に読みたい関連記事「機動戦士ガンダム」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら