「洗い屋さん」女性視聴者も多かった理由は? レグザ視聴データから分析する“2019年春アニメ”

アニメ!アニメ!では、東芝製TV・REGZA(レグザ)の視聴データ約21万件を元に2019年春にスタートしたTVアニメの視聴動向を調査し、どの作品が多くの人に見られたのかを調べてきました。

今回は春アニメの視聴データを分析することで見えてくるランキング結果以外の面、特にアニメの人気に影響を与える外的要因に注目して考察します。
特に作品が「どのように見られていたか?」「なにが影響して人気が出たのか?」の一端がわかる分析結果になっていますので、アニメをより多面的に把握してみたい方はぜひお楽しみください。

■調査方法
対象地域:東京都・神奈川県・埼玉県内に設置の受像機 21万1,755台
対象チャンネル:地デジ8チャンネル(NHK、NHK Eテレ、日テレ、TBS、フジTV、TV朝日、TV東京、MX)
対象作品:38作品
対象期間:2019年4月1日~7月14日 (全作品最終回終了後)
カウント方法:番組放送時間の1/3以上をリアルタイムまたは録画にて視聴した時点でカウント

■調査対象作品一覧(順不同)
〈物語〉シリーズセレクション』『BAKUMATSUクライシス』『Fairy gone フェアリーゴーン』『KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-』『MIX』『RobiHachi』『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON~』『からくりサーカス』『キャロル&チューズデイ』『この音とまれ!』『この世の果てで恋を唄う少女YU―NO』『

この記事の画像

「「洗い屋さん」女性視聴者も多かった理由は? レグザ視聴データから分析する“2019年春アニメ”」の画像1 「「洗い屋さん」女性視聴者も多かった理由は? レグザ視聴データから分析する“2019年春アニメ”」の画像2 「「洗い屋さん」女性視聴者も多かった理由は? レグザ視聴データから分析する“2019年春アニメ”」の画像3 「「洗い屋さん」女性視聴者も多かった理由は? レグザ視聴データから分析する“2019年春アニメ”」の画像4
「「洗い屋さん」女性視聴者も多かった理由は? レグザ視聴データから分析する“2019年春アニメ”」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク