「ロング・ウェイ・ノース」物語のキーワードは“封印を解く”【藤津亮太のアニメの門V 第50回】

原稿後半で『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』の重要な部分に触れています。
2016年にTAAF(東京アニメアワードフェスティバル)でグランプリを受賞し、正式公開が待ち望まれていた映画『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』がついに公開となった。
輪郭線のないシンプルな絵柄で描き出されるのは、19世紀のロシアで、北極圏に消えた祖父の行方を追う少女サーシャの冒険譚だ。

サーシャの祖父オルキンは、ロシア海軍の探検家として北極点を目指し出発した。だがオルキンは再び帰ってくることはなく、捜索を行ってもその乗船ダバイ号も発見することはできなかった
その1年後、祖父の冒険心を受け継いだ孫娘サーシャは、オルキンの部屋で彼が残した航路のメモを発見する。
そのメモによれば、ダバイ号は予想と異なる別ルートをとっていたのだ。だから捜索でもダバイ号は発見されなかったのだ。

その夜の舞踏会で、サーシャはトムスキー王子にその旨を告げて、再度捜索を行うように訴える。
だがオルキンによい感情を持っていないトムスキー王子は、それを拒絶する。王子に対する無礼な態度を父に叱責されたサーシャは、祖父の行方とダバイ号を探す決意を固め、単身家を飛び出していく。

既に各所で指摘がされている通り、本作の大きな魅力のひとつは、そのビジュアルだ。
キャラクターも背景も、色面を中心に構成されたシンプルなスタイルで描かれており、1枚のイラストのような統一感がある。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2019年9月13日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら