「サイコパス3」3人の脚本家が明かす制作秘話とは?「みんなどこか普通じゃない」

冲方:下手をするとイヤみな奴になっちゃうんです。

深見:最初は「イヤみな奴に見えても良い」と冲方さんもおっしゃってましたよ。

冲方:しらずしらずのうちに会話をリードして、自分の有利な方向に持っていくキャラクターですからね。

吉上:人たらしなんですよね。そういう意味では一番刑事っぽいかもしれない。

冲方:犯罪者と仲良くなってべらべらしゃべらせて、そして逮捕するっていう良い刑事ですね。

――『PSYCHO-PASS サイコパス』シリーズに参加するおもしろさをお聞かせください。

深見:僕はもともと冲方さんの小説をがっつりと読ませていただいていて。『マルドゥック』シリーズ、『シュピーゲル』シリーズ、そして時代もの……そんな方とご一緒させていただくだけでも刺激になりますよね。頭の良くない言い方になりますが「頭が良い方だなあ」と(笑)。冲方さんと打ち合わせをすると、自分の頭もフル回転させないといけない。この打ち合わせを経たあとだと、脚本の見方が変わるような刺激的な現場だったと思います。

冲方:『PSYCHO-PASS サイコパス』の現場にいると、「クリエイターってみんな頭がおかしいんだな」と思いますね(笑)。もちろん誉め言葉なんですが、第一期を手掛けた虚淵(玄)さんも、深見さんも、吉上さんも、みんなどこか普通じゃない。だから、楽しいものができるんだなと思いますね。

吉上:僕は10代のころから、冲方さん、深見さんの作品を愛読してきて。おふたりからの影響をすごく受けているんです。自分自身にもすごく大きな成長の機会になりましたし、深見さんがおっしゃるように脚本の読み方が変わりました。日本SFエンタメの先端で活躍する作家が集まって、本当にすごいTVアニメがつくられているんだぞ、「みんな、見てくれ!」と断言できる現場でした。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月8日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。