2019年11月29日から12月1日まで開催される東南アジア最大級のアニメイベント「C3AFA Singapore 2019」。今年は『ゾンビランドサガ』などの人気作品や、茅原実里などの実力派アーティストが参加を予定している。

そもそもなぜ、シンガポールでこれほど大規模なアニメイベントが行われるようになったのだろうか。イベント本番が迫る中、C3AFAの企画・運営を手掛けるSOZO Pte.Ltd代表ショーン・チン氏にお話をうかがった。
[取材=数土直志、文=ハシビロコ]

ショーン・チン(Shawn CHIN)
2009年にシンガポールでSOZO Pte.Ltdを創業。AFA(Anime Festival ASIA、現C3AFA)の運営など、日本のポップカルチャーと東南アジア全域での懸け橋となる活動を行っている。

海外でも“本物”とふれあえる場所を
――AFAは業界内では有名ですが、日本のアニメファンには馴染みない方も少なくないかと思います。まずはイベント内容を簡単に教えていただけますか。

ショーン(以下、ショーン):AFAは体験型イベントを目指しており、とにかく“本物にふれる”ことに重点を置いたイベントです。
具体的には、アニメを中心とした日本のポップカルチャーを体験できる展示、スタッフ・声優を招いたステージ、アニソンライブなどですが、現地のファンが本物とふれあえる場所を目指して、10年前から開催しています。

この記事の画像

「東南アジア最大級「C3AFA」は他のアニメイベントと何が違うのか SOZO Pte.Ltd代表ショーン・チン【インタビュー】」の画像1 「東南アジア最大級「C3AFA」は他のアニメイベントと何が違うのか SOZO Pte.Ltd代表ショーン・チン【インタビュー】」の画像2 「東南アジア最大級「C3AFA」は他のアニメイベントと何が違うのか SOZO Pte.Ltd代表ショーン・チン【インタビュー】」の画像3 「東南アジア最大級「C3AFA」は他のアニメイベントと何が違うのか SOZO Pte.Ltd代表ショーン・チン【インタビュー】」の画像4