「TAAF2020」コンペティション部門、ノミネート作品が決定! 力作揃いの長編4作品&短編32作品

「TAAF2020」コンペティション部門、ノミネート作品が決定! 力作揃いの長編4作品&短編32作品
「雪の女王:鏡の国」(The Snow Queen: Mirrorlands)(C)Wizart Animation
※【3月2日更新情報あり:新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の動向に鑑みて、感染拡大の防止、そしてご来場いただく皆様の安全を最優先し会期中の全プログラムを中止することに決定いたしました】

国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2020(TAAF2020)」における、コンペティション部門のノミネート作品が決定。「長編コンペティション部門」には応募29作品から4作品、「短編コンペティション部門」には応募1054作品から32作品がノミネートされ、長編・短編ともに昨年を大きく上回る作品数からの選出となった。

「長編コンペティション部門」は、ロシアの『雪の女王:鏡の国』、フランスの 『カブールのツバメたち』、ドイツの『フリッツィ』、ルーマニアの『マロナの幻想的な物語り』という4作品だ。
フェスティバルディレクター・竹内孝次は、このラインナップを「内容、表現手法が全く違う4作品が選ばれ、ご覧になってお楽みいただけるだけでなく、今の日本の、特に若い人たちには信じられないような現実の人生を感じさせてくれる作品がございます」と説明する。

「短編アニメーション」は、観て分かり易く楽しい12作品を“スロット1”。様々なアニメーションの手法やテイストの違いを味わえる9作品を“スロット2”。今の世界中のニュースをアニメーションで追体験するような11作品を“スロット3”に選出。
フェスティバルディレクター・竹内孝次は、この顔ぶれについて「お腹の底から笑えるコメディー、温かい余韻を残してくれるストーリー、考えさせられるメッセージ、心打つ映像、と多様なアニメーション作品が揃いました」と紹介した。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月26日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。