もうぬるオタとは言わせない!年末年始に観たい「隠れた名作アニメ」8選

もうぬるオタとは言わせない!年末年始に観たい「隠れた名作アニメ」8選
Anique『serial experiments lain』キャンペーン
       
2019年は、劇場アニメの本数が飛躍的に増加し、NHK朝の連続TV小説『なつぞら』でアニメーターが主人公となり、黎明期のアニメ業界が取り上げられるなど、アニメの裾野が広がった1年でした。

年々、裾野を広げてきたアニメですが、毎年数多くの作品が生まれ、アニメオタクを楽しませてきたのですが、中には埋もれてしまった「知る人ぞ知る傑作」もたくさんあります。

そんな埋もれてしまった傑作も、日本の豊かなアニメ文化を作り上げた大切な礎です。この記事では、「そんな隠れた名作」を厳選して8本紹介してみたいと思います。誰もが知っている作品ではないから、価値がある作品もあります。こうした作品を履修して、年末年始に一歩先行くオタクを目指してみるのはいかがでしょうか?

【MUNTOシリーズ】京アニ初のオリジナル企画にして初劇場アニメ

2000年代に、『AIR』や『CLANNAD』、『涼宮ハルヒの憂鬱』などゲームや小説を丁寧にアニメ化し、一世風靡した京都アニメーションが初めて自社で企画・制作・販売を手掛けたオリジナル企画。

同社初のオリジナル企画というだけでなく、初の劇場アニメもこのシリーズから誕生しました。天上世界を見る能力を持つ女子高生ユメミと、天上世界を救おうとするムントとの出会いを通じて、地上と天上2つの世界の存亡をかけた戦いが描かれます。

監督を務めたのは京都アニメーションの魂と言える存在の故・木上益治氏。現在では自社レーベルのKAエスマ文庫の作品を中心にオリジナル企画をたくさん制作している同社がオリジナルへの道を歩んだ第一歩であり、映画進出も果たした貴重なシリーズです。

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月30日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。