内田真礼「いつか海外でもワンマンライブを開催できるようになれたら」【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】
拡大する(全3枚)
内田真礼
2019年11月29日から12月1日まで開催された東南アジア最大級のアニメイベント「C3AFA Singapore 2019」。ここでは、アニソンライブ「I LOVE ANISONGコンサート」1日目に出演した内田真礼のインタビューをお届けする。

■現地ファンの熱い盛り上がりに感動!
――まずは、公演を終えての感想をお願いします。

内田:4年ぶりのシンガポール公演だったのですが、とにかく皆さんが温かく迎えてくださって! 実は、リハーサルの段階では緊張してドキドキしっぱなしだったんです。けれど、始まってみたら嘘のように不安が晴れました。
ライブの前にお渡し会があったので、きっとファンの皆さんの顔を見たら安心したんだと思います。

――本当に素晴らしい盛り上がりでした。

内田:そうなんです! けっこう難しいはずなのに、コール&レスポンスもバッチリ。初めて聞く曲が多いなか、サイリウムの色も揃えてくださってすごく感動しました。
どの曲も会場がひとつになっていましたし、海外にいることを忘れさせてくれるような熱い盛り上がりに感動しました。

――ファンの方の熱気も間近で感じられたのでは?

内田:お渡し会の時に、これまで日本まで足を運んでくれていたシンガポールや東南アジアのファンの方が、日本で買ったグッズを持って「現地に来てくれてうれしい」と声をかけてくださったのが嬉しかったですね。
もちろん、日本のファンの方も来てくださったのを見かけて「こんなところまで来てくれてありがとう!」の気持ちでいっぱいでした。

この記事の画像

「内田真礼「いつか海外でもワンマンライブを開催できるようになれたら」【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】」の画像1 「内田真礼「いつか海外でもワンマンライブを開催できるようになれたら」【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】」の画像2 「内田真礼「いつか海外でもワンマンライブを開催できるようになれたら」【「C3AFA Singapore 2019」バックステージインタビュー】」の画像3