「製作プロデューサー」と「制作プロデューサー」の違い、そして新しい時代の3DCG表現とは? 東宝&オレンジ両Pが解説【IMARTレポート】

「製作プロデューサー」と「制作プロデューサー」の違い、そして新しい時代の3DCG表現とは? 東宝&オレンジ両Pが解説【IMARTレポート】
「製作プロデューサー」と「制作プロデューサー」の違い、そして新しい時代の3DCG表現とは? 東宝&オレンジ両Pが解説【IMARTレポート】
マンガ・アニメの未来をテーマにした国際カンファレンス「国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART)」が11月15日から17日にかけて豊島区役所で開催された。カンファレンスでは24のセッションが開かれ、教育やテクノロジー、マーケティングやジャーナリズムなど様々な分野で活発な議論がなされた。
本稿ではそのうち、17日に開かれた「CGアニメはどんな物語を語りうるのか? 新しい時代のCGアニメ表現に向けて」の様子をお送りする。

近年、日本アニメで3DCG作品が盛り上がりを見せる背景として、製作・制作面で指揮を執るプロデューサーたちの力も無視できない要因だ。

いま、プロデューサーは3DCGをどのように捉えているのか、CGだからこそ語りうる物語とは何か。東宝のプロデューサー武井克弘と、アニメ制作会社オレンジのプロデューサー和氣澄賢のふたりが登壇し、それぞれのプロデュース作品を事例に、3DCGアニメ表現の現在と未来についてレクチャーが行われた。

まず導入として、プロデューサーの役割について解説。プロデューサーはアニメ作品全体を統括する責任者であり、大きくは「製作」プロデューサーと「制作」プロデューサーとに分けられるという。

「製作」プロデューサーは、企画開発にはじまり、原作ものであれば権利の獲得、製作委員会の組成、制作管理、宣伝・販促など「プロジェクト全体の責任者」。
対する「制作」プロデューサーは、制作スタジオ内の予算・スケジュール管理や、作品のクオリティチェックなど、「制作現場の責任者」と言える。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月7日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。