2021年3月28日、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』大ヒットを記念した、来場御礼舞台挨拶が新宿バルト9で開催され、主要キャスト勢ぞろいの総勢14名が登壇した。

登壇したのは、緒方恵美林原めぐみ宮村優子三石琴乃山口由里子石田彰立木文彦、岩永哲哉、岩男潤子、長沢美樹、優希比呂、伊瀬茉莉也、勝杏里、山寺宏一。『エヴァンゲリオン』シリーズとしては、1997年以来24年ぶりの舞台挨拶となり、キャストそれぞれが万感の想いを込めて来場者に挨拶をした。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、庵野秀明監督の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズ最新作にして完結編。1995年から1996年にかけてTVで放送された『新世紀エヴァンゲリオン』の物語を再構築し、新たに劇場版4部作として制作された。

舞台挨拶は主人公、碇シンジ役緒方恵美の挨拶からスタート。緒方は24年ぶりの舞台挨拶となった今回について、これだけのメンバーが集まるのは最初で最後かもしれないので、私たちも今日を楽しみにしていたのでみなさんも是非楽しんでいってほしいとキャストを代表して今日の舞台挨拶を迎えられた喜びを語った。

続いて、キャスト一人ずつ、本作の感想を語った。

緒方は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズは、『:破』の頃から個別収録することが多く、時に今回はコロナ対策でさらにバラバラに収録することになったため、アフレコ中は完成作品がどう仕上がっているのか想像が難しかったと言う。

この記事の画像

「「シン・エヴァ」緒方恵美、林原めぐみら総勢14名が集結! アフレコ秘話、庵野監督への思いを語る【レポート】」の画像1 「「シン・エヴァ」緒方恵美、林原めぐみら総勢14名が集結! アフレコ秘話、庵野監督への思いを語る【レポート】」の画像2 「「シン・エヴァ」緒方恵美、林原めぐみら総勢14名が集結! アフレコ秘話、庵野監督への思いを語る【レポート】」の画像3 「「シン・エヴァ」緒方恵美、林原めぐみら総勢14名が集結! アフレコ秘話、庵野監督への思いを語る【レポート】」の画像4
「「シン・エヴァ」緒方恵美、林原めぐみら総勢14名が集結! アフレコ秘話、庵野監督への思いを語る【レポート】」の画像5