7月9日は「泣く日」。

7(泣)、9(く)の語呂合わせが由来で、泣くことについて改めて考えてみる日とされています。

アニメファンの中には、アニメを見て思わず泣いてしまった経験がある人もいるでしょう。ハッピーエンドを迎えて感極まったり、お気に入りキャラが非業の最期を遂げてショックを受けたり、主人公の長年の夢が成就して感情移入したりと、涙の理由もさまざまです。

そこでアニメ!アニメ!では「一番泣けるアニメといえば?」と題した読者アンケートを昨年に引き続き実施しました。6月22日から6月29日までのアンケート期間中に262人から回答を得ました。
男女比は男性約25パーセント、女性約75パーセントと女性が多め。年齢層は19歳以下が約50パーセント、20代が約25パーセントと若年層が中心でした。

■2018年にTVアニメが放送された2タイトルが同率トップ!
第1位
1位は『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』と『BANANA FISH』が同票。支持率は約12パーセントでした。
『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は昨年からトップを維持しており、「感情がわからない主人公が、手紙の代筆業をこなしていく中で人間の気持ちを理解していく様子。さらに主人公が出会う人々のエピソードに心を打たれました」や「主人公が“愛”を知っていく過程に感極まりました。人の心や感情がとても繊細に、丁寧に描かれていて、登場人物の心境を想像することで感動もより深まる作品です」と少しずつ変わっていく主人公・ヴァイオレットに共感したというコメントが届いています。

この記事の画像

「一番泣けるアニメといえば?3位「名探偵コナン」…「あの花」「CLANNAD」など抑え“2018年放送”2作品が同率トップ!<21年版>」の画像1 「一番泣けるアニメといえば?3位「名探偵コナン」…「あの花」「CLANNAD」など抑え“2018年放送”2作品が同率トップ!<21年版>」の画像2 「一番泣けるアニメといえば?3位「名探偵コナン」…「あの花」「CLANNAD」など抑え“2018年放送”2作品が同率トップ!<21年版>」の画像3 「一番泣けるアニメといえば?3位「名探偵コナン」…「あの花」「CLANNAD」など抑え“2018年放送”2作品が同率トップ!<21年版>」の画像4
「一番泣けるアニメといえば?3位「名探偵コナン」…「あの花」「CLANNAD」など抑え“2018年放送”2作品が同率トップ!<21年版>」の画像5