『シン・エヴァンゲリオン劇場版』より、2021年8月13日から、本作がAmazonプライムビデオにて全世界独占配信されることを記念して、『:序』、『:破』、『:Q』、『シン・エヴァ』の名シーンを世界11言語で振り返る特別映像が公開された。

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』は、2021年3月8日より劇場公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの4作目にして、ラストを飾る完結編。興行収入は100億円を突破している。
この度、8月13日から始まる本作の世界配信を記念して、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』から、アニメ史に残る名シーンを編集して世界11言語で振り返る特別映像が公開された。

映像にはオリジナル言語の日本語に加え、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ブラジル・ポルトガル語、カスティーリャ・スペイン語、ラテン・スペイン語、中国語、ヒンディー語、韓国語の計11言語に吹き替えたエヴァの名台詞を収録。
碇シンジの「逃げちゃダメだ……逃げちゃダメだ……逃げちゃダメだ!」(日本語)から始まり、「笑えばいいと思うよ」(フランス語)、渚カヲルの「会える時が楽しみだよ。碇シンジくん」(ドイツ語)から、ラストの「さようなら、すべてのエヴァンゲリオン」(英語)に至るまで、2分35秒の中に胸が熱くなるシーンが詰め込まれており、ファン必見の内容となっている。

この記事の画像

「「シン・エヴァ」さようなら、すべてのエヴァンゲリオン…名台詞を世界11言語で振り返る特別映像公開」の画像1 「「シン・エヴァ」さようなら、すべてのエヴァンゲリオン…名台詞を世界11言語で振り返る特別映像公開」の画像2 「「シン・エヴァ」さようなら、すべてのエヴァンゲリオン…名台詞を世界11言語で振り返る特別映像公開」の画像3