劇場用長編アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』が、2021年11月12日より2週間限定で劇場公開されることが決定。日本アカデミー賞6冠の『新聞記者』で知られる藤井道人が監督を務めることがわかった。あわせてメインビジュアルや特報もお披露目となった。

『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』は、『攻殻機動隊』史上初となるフル3DCGアニメとして制作された『攻殻機動隊 SAC_2045』のシーズン1に新たなシーンを加えて再構成し、全編フルグレーディングを施した劇場用長編アニメだ。

監督は、日本アカデミー賞で6部門を受賞した『新聞記者』や『ヤクザと家族 The Family』など、実写映画で活躍する藤井道人が担当。藤井からは「攻殻機動隊シリーズを観たことがない人でも楽しめる、濃密で見応えのある映画が出来ました」などのコメントが到着している。

あわせてお披露目となったメインビジュアルは、本作のキャラクターデザインを担当するイリヤ・クブシノブが描き下ろしたもの。主人公の草薙素子ら公安9課のメンバーと、新キャラクターの江崎プリン、そして物語の鍵を握る“ポスト・ヒューマン”シマムラタカシが描かれた本作を象徴するビジュアルだ。

さらに、初出映像となる特報は「2045年」のテロップから始まるものに。再び結成された公安9課の面々やタチコマ、江崎プリンに加え、スミスから語られる新たな敵“ポスト・ヒューマン”の存在、謎に包まれたシマムラタカシの登場と、本編の内容が気になる要素が随所にちりばめられた。

この記事の画像

「劇場版「攻殻機動隊 SAC_2045」11月12日より2週間限定公開 監督は「新聞記者」藤井道人」の画像1 「劇場版「攻殻機動隊 SAC_2045」11月12日より2週間限定公開 監督は「新聞記者」藤井道人」の画像2 「劇場版「攻殻機動隊 SAC_2045」11月12日より2週間限定公開 監督は「新聞記者」藤井道人」の画像3 「劇場版「攻殻機動隊 SAC_2045」11月12日より2週間限定公開 監督は「新聞記者」藤井道人」の画像4
「劇場版「攻殻機動隊 SAC_2045」11月12日より2週間限定公開 監督は「新聞記者」藤井道人」の画像5