映画「リョーマ!」武内駿輔&竹内良太、「テニプリ」初参戦への思い語った大ヒット御礼舞台挨拶レポ

『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の大ヒット御礼舞台挨拶が、9月18日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。

会場には原作・製作総指揮の許斐剛、越前リョーマ役の皆川純子に加えて、今回が初参加となる越前南次郎役の松山鷹志、竜崎桜乃役の高橋美佳子、ブー役の武内駿輔、フー役の竹内良太が登壇。MCの公式応援団・四千頭身が声優陣の前で劇中のラップバトルを再現し、会場を大いに沸かせる一幕もあった。

松山は本作で描かれる若かりし南次郎について、「若い南次郎の声なので、私ではないかな……とちょっと思っておりましたが、大丈夫かなと」と当初は不安に感じていたことを明かすも、許斐からのお墨付きがあったそうで「“南次郎は、松山さんしかない”と言ってくれて……。どうもありがとう!!という気持ちです」と、満面の笑みで語る。

一方、リョーマとの関係がクローズアップされた桜乃について、高橋は「(リョーマと桜乃は)とってもお似合いだと思ました。リョーマ君とのシーンをたくさん作っていただけて感謝しています」とお礼を述べる。松山と高橋の話を聞いて、皆川は「忘れがちではあるのですが、リョーマは中学生なんですよね。本作は、リョーマが等身大の男の子なんだなということを実感できました」と、南次郎や桜乃との関係性で感じることができたと話した。

武内と竹内は、本作が『テニプリ』初参戦となった。その感想を尋ねられると、武内は「僕が小さい頃から放送していた作品ですので、嬉しさもあり、自分が大人になった今でも現役で続いている作品の熱量にどう応えていこう……と思っていたのですが、そもそも(テニスギャングという)設定が強かった(笑)」とコメント。竹内は「テニスギャングというパワーワードとラップと『テニプリ』に出演できるということに、すごく嬉しい気持ちになったのを覚えています」と口にする。

この記事の画像

「映画「リョーマ!」武内駿輔&竹内良太、「テニプリ」初参戦への思い語った大ヒット御礼舞台挨拶レポ」の画像1 「映画「リョーマ!」武内駿輔&竹内良太、「テニプリ」初参戦への思い語った大ヒット御礼舞台挨拶レポ」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「テニスの王子様」に関する記事

「テニスの王子様」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「テニスの王子様」の記事

次に読みたい「テニスの王子様」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク