2020年7月にTVアニメが放送された、「魔法」×「アイドル」をテーマとしたメディアミックスプロジェクト『ラピスリライツ ~この世界のアイドルは魔法が使える~』のスマートフォンアプリゲームが12月に配信開始となる。ディレクター兼マーケティングリーダーを務めるKLabの遠藤峻亮さんは、育成RPGである本作を「気合と情熱のたまもの」と語る。スタッフ陣が本作に込めた思いと魅力をうかがった。

なお、本作の先行プレイレポートもあわせて掲載している。ゲーム内容や全体的な雰囲気は、こちらを参考にしていただきたい。

100万字を越える大ボリュームのストーリー

――アイドルがモチーフの作品ながら、ジャンルがリズムゲームではなく育成RPGであるのが目を引きます。

遠藤企画時点で、アイドルをモチーフとしたリズムゲームのヒット作が数多くありましたので、同じジャンルでいこうという選択肢は当初からありませんでした。育成RPGにした理由は、アイドルの育成とRPGならではの育成要素がマッチしやすいだろうと考えたからです。

――本作の核となる要素について教えてください。

遠藤やはり、メインクエストで綴られるメインストーリーですね。公式サイトでは100万字以上のボリュームを謳っていますが、これは配信開始時点でこのくらいのボリュームをお届けできます。

――文庫本一冊が10万字前後であることを思うと、かなりのボリュームです。

遠藤メインストーリーだけでなく、ユニットごとのストーリー、キャラクター個別のストーリーも最初から実装されていますので! 配信開始時点では20人の魔女たちのカードが4段階のレアリティで計80枚実装されますが、その1枚1枚にもストーリーが用意されています。そして、そのすべてがフルボイスとなっています。

この記事の画像

「『ラピスリライツ』魔法×アイドルな世界で"推し"をとことん愛でられる!ゲーム版の魅力を訊く【インタビュー】」の画像1 「『ラピスリライツ』魔法×アイドルな世界で"推し"をとことん愛でられる!ゲーム版の魅力を訊く【インタビュー】」の画像2 「『ラピスリライツ』魔法×アイドルな世界で"推し"をとことん愛でられる!ゲーム版の魅力を訊く【インタビュー】」の画像3 「『ラピスリライツ』魔法×アイドルな世界で"推し"をとことん愛でられる!ゲーム版の魅力を訊く【インタビュー】」の画像4
「『ラピスリライツ』魔法×アイドルな世界で"推し"をとことん愛でられる!ゲーム版の魅力を訊く【インタビュー】」の画像5