劇場アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口』より、キャラクター原案・原作イラストを手掛けるくっかによるティザービジュアルが公開された。あわせて、原作者の八目迷と田口智久監督からコメントも到着した。

『夏へのトンネル、さよならの出口』の原作は、“中に入ると歳を取る代わりに欲しいものが手に入る”「ウラシマトンネル」という都市伝説にまつわる、ひと夏のボーイミーツガールを描くジュブナイルSFだ。過去に最愛の妹を亡くし欠落を抱えて生きる主人公と、ある悩みを持つ転校生の少女が、「ウラシマトンネル」から互いの“欲しいもの”を手に入れようとする物語が描かれる。

このたび公開されたティザービジュアルは、キャラクター原案・原作イラストを手掛けるくっかによるもの。あわせて、原作者の八目迷からは「劇場アニメになれば、より深く理想の夏に潜り込めるんじゃないかとすでにワクワクしています」、田口智久監督からは「美しい作品には美しい映像が必要で、かつそれがしっかりと映画にならなくてはならないというプレッシャーの中、頼れるスタッフと共に日々制作を進めています」とのコメントも到着した。

劇場アニメ『夏へのトンネル、さよならの出口』は、2022年夏に公開される。ティザーサイトとTwitterアカウントも開設され、今後の続報にますます注目だ。

<以下、コメント全文掲載>

【原作・八目迷】

作家としてデビューしたときから映画化は大きな憧れでした。それが実現することに、今でも新鮮な驚きがあります。スタッフの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

この記事の画像

「劇場アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」ティザービジュアル公開! 原作者&監督コメントも到着」の画像1 「劇場アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」ティザービジュアル公開! 原作者&監督コメントも到着」の画像2 「劇場アニメ「夏へのトンネル、さよならの出口」ティザービジュアル公開! 原作者&監督コメントも到着」の画像3