「惑星のさみだれ」完結から12年を経て22年夏にTVアニメ化! 原作者・水上悟志「原作の最後までやります」

『プラネットウィズ』などでも知られる水上悟志によるマンガ『惑星のさみだれ』がTVアニメ化され、2022年夏に放送されることが決定した。これにあわせてティザーサイトがオープンし、水上からコメントも到着した。

『惑星のさみだれ』は、水上が2005年から2010年の6年間にわたって「ヤングキングアワーズ」にて連載した“新感覚ご近所ストーリー”。ごく普通の平凡大学生だった雨宮夕日は、ある日現れた喋るトカゲに「地球の危機」を救うことに協力するよう頼まれる。拒否する間もなく獣の騎士団の一員となった夕日は、指輪の力で超能力・掌握領域が与えられるが、早くも敵に襲われてしまう。
絶体絶命のその時、夕日を救ったのはなんと、お隣に住む少女・さみだれだった。救世主の降臨と思いきや、実はさみだれは地球征服を企む魔王だったのだ。そのでたらめな強さと魔王的魅力に惹かれた夕日は彼女の下僕となり、彼女が望む別の思惑に加担することになる。

完結を迎えてから12年の時を経て、このたびTVアニメ化が決定した本作。『このヒーラー、めんどくさい』の中西伸彰監督のもと、シリーズ構成を水上と『ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-』シリーズの百瀬祐一郎が手掛ける。
水上からは「完結から12年も経っているので、ファンの方もさぞや驚かれたことでしょう。水上も構成に関わって原作の最後までやりますので、楽しみにお待ちください。スタッフの皆さんも腕のいい方々ががんばってくださっているのできっと良い作品になると思います」とのコメントも到着した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク