2022年1月28日より前編の劇場上映・配信がスタートする『地球外少年少女』。『電脳コイル』を手がけた磯光雄監督の最新作として注目を集めている。

物語の登場人物は、宇宙に作られた日本の商業ステーション「あんしん」で過ごす少年少女たち。中でも主人公の相模登矢と、その幼なじみの七瀬・Б・心葉は人類初の月で産まれた子どもたちだ。

同じ故郷を持ち、ともに命の危機に直面している登矢と心葉。登矢役の藤原夏海さんは「心葉をここにつなぎ止めたい」とセリフに想いを込めたという。対する心葉役の和氣あず未さんは「お母さんのような雰囲気」で登矢を見守っていたようで?

本稿ではそんな藤原さんと和氣さんの対談をお届け。オーディションの裏話や役への印象、そして共演シーンでセリフに込めた感情についてたっぷりと語っていただいた。

[取材・文:ハシビロコ 撮影:吉野庫之介]

オーディション後に監督から意外な質問が?

――お2人の役はオーディションで決まったとうかがいました。オーディションの様子や手応えはいかがでしたか。

藤原:オーディションの時点で細かなディレクションをいただけたことが印象的でした。登矢は難しいキャラクターでもあったので手応えとしては50%くらいで…。それでも、自分にできることはやりきったつもりでした。

あとはオーディション会場から帰ろうとしていたとき、磯監督に「藤原さん、宇宙は好きですか」と話しかけられたことをよく覚えています。「なにか試されているのでは!」と一瞬身構えましたが、人並みに宇宙に興味がありプラネタリウムも見に行ったことがあったので、正直に「好きです」と答えました。

この記事の画像

「「地球外少年少女」藤原夏海×和氣あず未「今にも消えてしまいそうな存在をつなぎ止めたい」互いの名前にこめた優しさ【インタビュー】」の画像1 「「地球外少年少女」藤原夏海×和氣あず未「今にも消えてしまいそうな存在をつなぎ止めたい」互いの名前にこめた優しさ【インタビュー】」の画像2 「「地球外少年少女」藤原夏海×和氣あず未「今にも消えてしまいそうな存在をつなぎ止めたい」互いの名前にこめた優しさ【インタビュー】」の画像3 「「地球外少年少女」藤原夏海×和氣あず未「今にも消えてしまいそうな存在をつなぎ止めたい」互いの名前にこめた優しさ【インタビュー】」の画像4
「「地球外少年少女」藤原夏海×和氣あず未「今にも消えてしまいそうな存在をつなぎ止めたい」互いの名前にこめた優しさ【インタビュー】」の画像5