皆さん推し活/推し事していますか? ちまたではアクリルスタンドやアクリルキーホルダー(以下「アクスタ」)が流行っていますね。筆者の私もロボット作品が多いのですが「アクスタ」をそこそこ所持しております。そして「アクスタ」と一緒に写真を撮ってSNSにアップするというのも流行っていると思います。しかしアクスタやアクキーを使って撮影したあなたの写真はこのような写真になっていませんか?

・アクリルを持っている指が写っている
・アクリルが小さく写っていて何が主役かわからない

・アクリルに光や自分の写り込みが目立つ

・アクリルを片手、スマホを片手で持って撮影しているためブレている
・アクリルと一緒に撮るものの両方にピントを合わせようとしてどっちもボケている
・アクリルをカメラに近づけすぎてピントが合わない。

上記の点は意図しているならいいのですが、意図していないのであれば後悔していることもあるのではないでしょうか?

今回、アニメ!アニメ!など多くのウェブメディアで撮影しているプロカメラマンであり推写真家(読み方:「おしゃしんか」 推しを推すための写真、推写真を撮る写真家 筆者の造語)の小原聡太がアクスタやアクキーを上手く撮影する5つのテクニックと2つの極意を伝授したいと思います。そうすれば皆さんも何を撮っているのかわからないような写真が、とっても素敵な写真に変わりますよ。

〇一眼とスマホどっちが撮影しやすいの?

まず、「アクスタ」を撮影する際に一眼とスマホどっちで撮るのがいいの?という疑問が生まれると思います。技術を駆使して綺麗に撮れるのはもちろん一眼レフだと思っておりますが、気軽に撮れるのは明らかにスマホです。それは、カメラには被写体にピントを合わせることができる"最短撮影距離"という"カメラと被写体との距離"があり、スマホは一般的に5~6cmなのですが一眼だと特殊なレンズなどが必要になってくる場合が多いからです。

この記事の画像

「【プロ伝授】アクスタをスマホで綺麗に撮りたい方必見!“5つのテクニック”と“2つの極意”」の画像1 「【プロ伝授】アクスタをスマホで綺麗に撮りたい方必見!“5つのテクニック”と“2つの極意”」の画像2 「【プロ伝授】アクスタをスマホで綺麗に撮りたい方必見!“5つのテクニック”と“2つの極意”」の画像3 「【プロ伝授】アクスタをスマホで綺麗に撮りたい方必見!“5つのテクニック”と“2つの極意”」の画像4
「【プロ伝授】アクスタをスマホで綺麗に撮りたい方必見!“5つのテクニック”と“2つの極意”」の画像5